ママキとは?

古代ハワイアンが身体と精神の浄化のために飲んでいたハワイ伝統のハーブティー

Mamaki(ママキ)

Hawaiian Native Herb

ママキ(学術名:Pipturus Albidus)は、ハワイ固有の植物で、花を持つイラクサ科の中で、唯一トゲのない植物として知られ、標高60m~1800mの、貿易風によってもたらされる雨により、適度な湿度を保つ、ハワイの森の中だけに自生します。ハワイ州農務省ハーブ認定。



ママキとは


ママキは、ポリネシア人がハワイに住み着く以前から原生していた、ハワイ諸島固有の植物です。古代ハワイアンは、ママキ茶を 身体と精神の浄化 のために飲んでいました。ママキは、ハーブとして利用されるだけでなく、その樹皮を、〝TAPA″と呼ばれるハワイの伝統的な布として、衣類などにも使用されてきました。

ママキは、聖なるハーブ と崇められ、彼らの健康を願う気持ちから、今日まで大切に受け継がれてきた、アロハスピリット溢れるハワイの伝統的なハーブです。



ママキティーについて

近年、米国農務省、米国食品栄養科学研究所、ハワイ大学マノア校分子生物学生物工学科の共同研究により、その研究結果が、米食品工業学会誌(Journal of Food Science – Vol. 72, Nr. 9. 2007)に公表され、クロロゲン酸・カテキン・ルチン、EGCGなどの、多くの抗酸化物質と、ミネラルが含まれることが分かっています。

画像の説明文
History and Nutritional Analysis of Native Hawaiian Mamaki

引用元情報(Journal of Food Science – Vol. 72, Nr. 9. 2007)

ママキ茶には、多くの抗酸化物質(特に、カテキン、クロロゲン酸、ルチン)が緑茶、ウーロン茶、紅茶よりも多く含まれており、EGCG(没食子酸エピガロカテキン)と呼ばれる、抗酸化物質も含まれることが分かっています。又、ママキ茶には、豊富なミネラル成分が含まれており、特にカルシウム、マグネシウム、カリウム、リンは一般的な茶類や、他のハーブティーに比べ、多く含まれていることが分かっています。


ママキ茶の召し上がり方


ママキ茶は、抽出率のとても良いお茶です。ティースプーン3杯(約1g/一人分)で、約500mlをお作り頂けます。ママキの成分を余すことなく、効率的に摂取して頂く為に、15分から30分以上抽出することをお勧めします。ママキティーは、長時間抽出しても、苦くなりません。クセのない、マイルドな口あたりの優しい味で、ホットでもコールドでもお楽しみ頂けます。

(カフェインフリー、コレステロールフリー、グルテンフリー)
ママキティーには、一切の保存料、香料添加物、人口甘味料、人口着色料が使用されていない、100%ナチュラルなハーブティーですので、妊婦の方、お子様にも、安心してお召し上がり頂けます。


≪100% ハワイアン・ママキティーを購入する≫